レディースファッションの靴・サンダルの魅力

カテゴリ

fashion-1

服を身につけることは、自身の印象アップに繫がる。
レディースファッションは、女性の美しさや可愛さを演出するための一つの手段としてカテゴリ化されている。
女性の外見の魅力は、美容やファッションによって決定される。
そのため、レディースファッションアイテムの中には、美容の分野に関係する物が多い。

美容が関係するディテールとは、膝元にダーツを加えたパンツなどが有名である。
ダーツとは、平面の生地に小さな折り目を加えて縫製することにより、その箇所に立体感を出すものである。
膝元にダーツを加える事により、脚長効果を演出することができる。
かかとの高い靴やサンダルと合わせることにより、しなやかで長い足を演出することができる。

レディースファッションアイテムには、外見の基本的な部分を変化させる効果を持つものが多い。

スタイル

fashion-2

レディースファッションは、その複層の内容によって様々なジャンルに分けられる。
女性らしさが際立つジャンルであればフェミニン系、ガーリー系、コンサバ系が当てはまる。
スカートやワンピーススタイルが多く、リボンやレースが部分的に配されているアイテムが目立つ。
色味に関しても、ペールカラーや暖色系など柔らかい色調でコーディネートの軸を作ることが多い。

中性的なスタイルでは、マニッシュ系やアウトドア系が挙げられる。
ユニセックスなアイテムを着用することが多く、デニムやチノパンなどのメンズライクなアイテムも多く取り入れる。
アウトドアは、機能素材を取り入れたアイテムを多く活用し、トレッキングスタイルなどが有名である。
山ガールファッション、オジガールファッションと呼称して雑誌をはじめとしたメディア媒体に掲載されている。

コーディネート

レディースファッションは、ショップ店員のコーディネートを頻繁に持ち出す傾向が多い。
アイテム数が多いため、消費者もその合わせ方の手本を求める事がある。
そのため、レディースファッション雑誌には、必ずと言っていいほどコーディネート事例が掲載されている。
中でも、各ブランドのショップ店員のコーディネートは多く掲載されている。
同ブランドのアイテムで全身を固めても、人によって全く違う雰囲気のスタイルが完成することもある。
これは、ブランドの服を熟知しているショップ店員だからこそ成せるコーディネート術である。
これをスタッフコーディネートという。

最近では、ファッションECサイトでも、スタッフコーディネートを掲載しているコンテンツが多い。
ブランドで働いているということもあり、スタッフコーディネートはお洒落のお手本として、人気が高いコンテンツである。